虹色シンポジウム

〜多様性な社会を目指すためには〜

日時:2016年5月22日(日曜日)

場所:北九州市立商工貿易会館シティプラザ2F多目的ホール 

開催にあたって

 現在の日本において、LGBTの人たちが生きやすく住みやすい社会であるか、答えはNOです。
LGBTやセクシャルマイノリティなどの言葉自体は、報道などで聞く機会は増え、昨年東京都の一部の区ではパートナーシップ制度の導入など前進し始めた傾向にありますが、まだまだ地方での行政の取り組みまで行き届いていないのが現状です。

また、行政や司法の場だけでなく、社会全体が、多様性な社会を目指すためにどのような姿勢で、どのような取り組みをする事が必要なのかが最も重要な課題とも言えます。

 2015年現在、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)と呼ばれるセクシャルマイノリティの方々は、日本人口の7.6%にものぼると言われております。実に13人に1人の人が当事者です。

これを小学校や、中学校の1クラス(約40人) に当てはめると、1クラスに3人の子供達が当事者である計算になり、これが現実です。

 

 しかしながら、今の日本ではLGBTに対する正しい知識を教育できる方が不足しており、ほとんどの子供達は、LGBTに対して何の知識も無いまま大人になっていきます。

これらが、差別の原因となりうる可能性がある以上、教育現場から正しい知識を子供達に持たせることができるような人権に配慮した教育が今の日本には必要不可欠です。

 

私たちは、『LGBTの理解促進』『教育現場での適切な対応によるいじめ防止』『LGBTの方達の社会生活上生き易い街づくり』を目的とし、今回のシンポジウムを開催したいと考えております。

シンポジウム詳細

【日程】2016年5月22日(日曜日)

【場所】北九州市立商工貿易会館(シティプラザ)2F

【時間】開場 12:00〜(署名活動を行っております)

   第1部 13:00〜各専門家からの講演

   第2部 15:00〜当事者の体験談・質疑・応答

【定員】300人

【料金】入場無料

虹色シンポジウム

〜多様性な社会を目指すためには〜

企画書(北九州市開催用)

 

プログラム

※当日の流れあらまし

12:00〜開場スタート(開演前に署名活動・質疑回収)

 

13:00〜開会・主催:NPO法人九州くらしサポート理事長の挨拶

    【第1部】・パネリストの方の講演(専門家からみる見解)

 

       (途中休憩・・・・・20分予定)

 

15:20〜【第2部】・当事者の体験を知る座談会

         ・質疑・応答(約30〜40分)

 

16:30〜閉会(閉会後にも時間が許す限り署名活動を実施致します)

パネリスト紹介

NPO法人

Rainbow Soup

理事長

小嵒 ローマ様

福岡県

県議会議員

高橋 雅成先生

弁護士法人デイライト法律事務所

弁護士

西村 裕一先生

 

タイ・バンコク

性別適合手術専門医

・・・・・・先生

Rainbow-support.net

行政書士

中橋 優先生

予約・質問フォーム

※​参加費無料のシンポジウムとなりますので、予約が殺到する事が予想されます。また、席に限りがございますので、事前予約をお願い致します。

 

※各専門家や、当事者からの生の声を聞けるこの機会に、是非みなさまご参加ください。

 

※尚、当シンポジウムの開催にあたって記念品の粗品も準備しております。

 

※当日、開場にて署名運動を実施致します。みなさまの声を責任もって私たちが行政へ届けます。

 

※当日会場にお越しいただけない方も、パネリストの方への質問を受け付けております。是非、全国からのご質問お待ちしております。

ボランティアスタッフ募集

ーLGBTの人権について考えるー『虹色シンポジウム』では、ボランティアスタッフを募集しています。

 

 

・当日の受付(シンポジウムパンフレットの配布等)

・会場内の誘導・警備

・署名活動(LGBT啓発活動)

 

 

上記の内容で、当日お手伝いをして頂けるボランティアスタッフを募集しております。

 

スタッフ業務をお手伝いして頂ける方は、下記の予約質問フォームの件名:「ボランティアスタッフ希望」と明記の上メールをお願いいたします。

Copyright(C) Rainbow Consulting All Rights Reserved.

  • c-facebook
  • Twitter Classic
  • Google Classic