オペ半年後の経過(傷痕)

昨年(2015年)の6月下旬に、当Rainbow Consulting(レインボーコンサルティング)にて、アテンド付きVIPプランにて、タイに渡航し、子宮卵巣摘出(性転換手術)を行ったオペから半年後のR君の傷痕です。

 ほとんど目立たなく、蚊に刺された程度ということでした。

皆さん、どうですか?

この傷痕!!!

さすが、タイの最高峰の技術だと思いませんか?

友人や同僚などからもほとんどわからない!!と好評、頂いている様で、当レインボーコンサルティングとしても大変嬉しく思っています。

 今からオペ(手術)をお考えの方、安易に安いから開腹手術(オープンテクニック)を選ばずに、将来を見据えて、痕の残りにくく、回復の早い、内視鏡でのオペをお勧めいたします。


特集記事